【無料テンプレあり】Notionを使った英語勉強法を紹介

Notion
スポンサーリンク
Notionユーザー
Notionユーザー

・Notionを使って英語学習を管理したい

・効率よく英語学習を進めたい

こういったご要望にお応えする記事になっています。

今回はNotionを使った英語勉強方法を紹介します。

Notionを使った英語勉強を行うことで、さまざまなメリットがあります。

皆さんの学習効率が上がるような内容になっていますのでぜひ最後まで読んでいってください。

今回紹介するサンプルもテンプレートとして無料配布しております。

スポンサーリンク

Notionで英語学習を行うメリット

まず初めに、Notionで英語学習を行うメリットを軽く紹介したいと思います。

まとめるとこんな感じです。

  • データベース管理ができる
  • デバイスがあればどこからでも確認・更新ができる
  • 覚えたかどうかのテストや把握も簡単にできる
  • 絞り込み・検索・カテゴリー別表示が自由自在

1つずつ説明していきます。

データベース管理ができる

1つ目はなんといってもデータベース管理ができるということです。

Notionの最大の魅力といっても良いデータベース。

情報を整理した状態で管理することができ、まさに英語学習にぴったりの機能です。

英単語」、「日本語訳」、「例文」などの情報をテーブル表で綺麗にまとめることができます。

Notionで英語学習

そうすることで、復習などにも大きく役立ちます。

デバイスがあればどこからでも確認・更新ができる

2つ目は、デバイスがあればどこからでも確認や更新ができることです。

外出先などで、新しい英単語に遭遇してメモしておきたいということもあるかと思います。

そういった際もスマホなどでNotionを開いて登録することができます。

英語学習用のノートなどを作成していると持っていない場合に少し不便です。

オンラインツールの強みなので外出先でも英語勉強がしたいという方におすすすめです。

絞り込み・検索・カテゴリー別表示が自由自在にできる

3つ目はNotionのデータベースならではのメリットになります。

データベースには絞り込み・検索・並び替えの機能がついています。

過去に登録した英語フレーズなども検索にかけるとすぐに見つけることができます

「覚えたかチェックをしたものを確認したい」、「今月どのくらい新しく登録したか確認したい」といった場合も簡単に絞り込みができます。

さらに、Notionには「ビュー」というデータベースの表示方法が6種類用意されています。

ビューを使って目的に合わせたデータベース表示を加えることも可能です。

品詞別の表示をさせたいといった場合もビューの追加をすることで実現させることができます。

Notionのビューについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

【Notion】6種類のビューの基本から使い分けまで徹底解説

覚えたかどうかのテストや把握も簡単にできる

最後は覚えたかどうかのテストや把握も簡単にできることです。

日本語訳だけを隠すことで覚えたかどうかのテストも実施できます。

英語覚えたかテスト

簡単な設定でこういったテストのようなことができるのでおすすめです。

スポンサーリンク

Notionを使った英語学習データベースの作成方法

ここから実際にNotionを使った英語学習データベースを作成していきます。

Notionを使った英語学習データベースの全体像

まずは今回作成するデータベースの全体像を確認します。

英語学習データベース全体像

設定したプロパティの概要は以下になっています。

プロパティ名プロパティの種類概要
Checkチェックボックス覚えたかどうかのチェックボックス
Spellingタイトル英単語、フレーズ入力
Pronunciationテキスト発音記号入力
Meaningテキスト日本語訳入力
Tagsマルチセレクト品詞を選択
Example Sentenceテキスト例文入力
Linkテキスト単語・フレーズの参照元があれば入力
updated_at最終更新日時最終更新日時(自動入力)

基本的な英語学習で必要な情報がまとめられるようにプロパティを設定してみました。

Notion公式が紹介しているテンプレートを参考にしました。

https://www.notion.so/ja-jp/templates/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%83%8A%E3%83%AB%E8%8B%B1%E5%8D%98%E8%AA%9E%E5%B8%B3

これはあくまで参考なのでご自身に必要なプロパティを追加することももちろん可能です。

ぜひアレンジしてみてください。

作成したサンプルはこちらから複製できます。

覚えたかどうかのテスト用ビューを作成

データベースが作成できたらビューを追加していきます。

1つ目はテスト用のビューを作成してみます。

データベースの上にある「」ボタンもしくはデータベース名をクリックして「複製」としてビューを追加します。

テスト用ビュー追加

複製」としてビューを追加すると複製元のデータベースの並び替えや絞り込みが引き継げるので、その場合におすすめです。

追加したビュー名を「テスト用ビュー」としておきます。

続いてデータベースのレイアウトを「リスト」表示に変更します。

リストビュー

リストビューはシンプルな表示や情報量をシンプルにまとめたい際に便利です。

Notionには6種類のビューが用意されておりリストビュー以外にも便利なビューがあるので気になる方はこちらの記事を参考にしてみてください。

【Notion】6種類のビューの基本から使い分けまで徹底解説

リストビューにできると、そのあとは表示させるプロパティを英単語のみします。

プロパティ表示設定

英語のフレーズが書かれているプロパティは「タイトル」プロパティなのでそれ以外は非表示にします。

覚えたかテストする際はページの開き方を「サイドピーク」に変更することをお勧めします。

サイドピーク

データベースを見ながらページの詳細も閲覧することができます。

ページの上にあるページ送りで次の英語ページへも簡単に移動することができます。

これでテスト用のビューが追加できました。

カテゴリー別表示のビューを作成

続いてはカテゴリー別の表示ビューを作成します。

先ほどの同じ要領でビューを追加し、「タグ別ビュー」というデータベース名にします。

タグ別ビュー

データベースが追加できたら、設定から「グループ」を選択し、品詞のセレクトプロパティである「Tags」を選択します。

グループ化

こうすることで、品詞別に分かれて表示されました。

品詞ごとに復習したいといった場合は活用してみてください。

このほかにも、チェックがついている英語のみを確認するビューなどがあっても良いかもしれません。

ご自身に必要なビューを追加してみてください。

「Instant Notion」で外出先でも素早くメモが取れる

外出先などでふとしたときに知らない英語フレーズに出会ってメモしておきたいといったこともあるかと思います。

そういった際に便利なのが「Instant Notion」というアプリです。

Instant Notion

軽い動作でNotionのデータベースに登録ができるのでNotionアプリが重くて時間がかかるといかかるといったストレスがなくなります。

詳しい設定方法はこちらの記事を参考にしてみてください。

Notionでメモ管理するなら「Instant Notion」| 使い方・魅力を紹介

Notionの魅力を最大限活かして英語をマスターしよう

いかがだったでしょうか。

Notionを使うと、英語の学習にもとても役立つことがわかっていただけたかと思います。

Notionの魅力を最大限活かして英語をマスターしましょう!

サンプルを利用したい方はこちらから複製してください。

今回紹介した方法はほんの一例に過ぎないのでぜひご自身でアレンジしてみてください。

良いNotionライフを〜。

タイトルとURLをコピーしました